手打ち蕎麦 蕎花

川越の手打ちそば屋さんでは、東西の両横綱ではないかと思っています。

上の写真は古くからここに店を構えていますが、もともとの建物は釣具屋さんだったようです。

市役所交差点の角にある”百丈”です。
観光案内にも載っていて、本丸御殿や美術館、蔵造りの街からも近くて便利です。

休日の昼時には行列ができますが、それほど待たされることはありません。

行列が出来ているからといって安心できない店もある中、ここは裏切られることはないと思います。

img060 

下の写真は、札の辻交差点の角にある”蕎花”です。

店を開いたのは、5、6年前かな?
この建物も相当古いです。

どちらもそばの味は甲乙つけがたいところですが、しいて言えば、”百丈”はおろしそばなど、そばの風味をそのまま楽しみたい方向き。

”蕎花”は天ぷらがカラッと揚がっていて美味しく、塩をつけて食べると最高です。

また10割そばと9割そばの産地の違う2色そばも美味しいです。

img061 img063 img064

1階はカウンター席、2階はテーブル席ですが、2階へ上がる階段はとても狭く急勾配なので、十分な注意が必要です。

苦手で上がれない人もいるかも?

img066 img067

これが海老と野菜の天ぷら付き2色盛り。
天つゆは少し甘めで、甘いのが好きでない方はテーブル備え付けの塩で食べるのがいいと思います。
塩の銘柄はわかりませんが、少し緑がかった色がついていて、尖った辛味が抑えられてとてもいい感じです。

img065 

にほんブログ村 その他生活ブログ 世の中の真実・矛盾へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>