宮崎地鶏・一仁

ただいま閉店中です。
いつかまたお会いしましょう。

一仁の店の正面

「笑笑」の向かい側にある。
ビルとビルの隙間に挟まるようにあるのでちょっとわかりにくい。
埼玉りそな銀行の通用口に通じる小路を分断遮って借用したらしい。
都心ではよく見かける隙間商売。

dsc03394

店の中から外の通りを見る。

寒くなってきて雨も降っていたので、テントを下しているが、気候の良い時は開け放つとか。
雨や雪の日は特に、焼き鳥を齧りながら一杯ひっかけるのはしみじみと心に沁みて堪らなくいいもんだ。

dsc03398

調理場

見てびっくり、移動販売用の車両の中!?
店の中は、十数人も入ればいっぱいか?
テーブルの椅子は12人分。立ち飲みは自由のようだ。

dsc03395

カウンター

宮崎に修行に行く途中、大阪で買った2台の中古車両のうちの一台だとか。
ナンバーは宮崎ナンバー。
店はこの車(車検はとってある)とテントというから、不動産はゼロ。
店主はなかなかのアイデアの持ち主。
それとも少資金の苦肉の策か? しかし面白い。

dsc03399

骨つきもも肉焼きとせせり

川越地ビールもあるが、料理を何か頼まないとアルコールだけでは出してくれない。

dsc03397

川越のゆるキャラ「トキモ」

1800

観光協会で1,800円で売っているという。
この置物の通り、ほんわかとした感じで、落ち着いて飲み食いできる。
大勢で押しかけては入りきれない店だが、鶏肉好きなら一度は食味をお勧め。

にほんブログ村 その他生活ブログ 世の中の真実・矛盾へ
にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>