新河岸川

img033 

 

新河岸川は延長25Km、流域面積345Km2の荒川水系の一級河川。
埼玉県川越市上野田町の八幡橋上流に一級河川の管理起点が設置されている。
管理起点よりも上流は赤間川であり、その源流は入間川から取水する農業用水の落ち水である。
新河岸川は川越の市街地を取り囲むように流れた後、流路を南東へと変える。
川越市の南東部で不老川と九十川を合流し、川幅は広がり大きな堤防で囲まれるようになる。
九十川の合流後は、荒川の右岸に並行して流れ、上福岡市、富士見市、志木市、朝霞市、和光市を流れ、東京都に入ってからは板橋区を流れ、最後は北区志茂四丁目で隅田川に合流する。
主な支川は上流から順に真土川、不老川、川越江川 、九十川、福岡江川、砂川堀、富士見江川、 南畑大排水路、柳瀬川、黒目川、越戸川、白子川がある。
支川の大半が新河岸川の右岸へ合流している。
また間接的だが、新河岸川は利根川と繋がっている。
利根大堰で取水した利根川の水が武蔵水路を経由して荒川へ導水され、秋ヶ瀬取水堰で取水されて、浄化用水として新宮戸橋の付近(朝霞市宮戸~志木市下宗岡)で新河岸川へ注水されている。
派川には新河岸川放水路があり、川越市渋井からさいたま市飯田新田を結び、 びん沼川(荒川の旧流路跡)を洪水の調節池に利用している。
【川越夜船の模型】
川越夜船について
川越夜船とは並船(不定期の荷船)、早船(定期の貨客船)、急船(1往復3、4日かかる荷船)、飛船(超特急便、今日下って明日戻る)の4種類の船便のうち早船を指す。

img034

早船は午後4時頃に新河岸川を出発して翌日の正午頃終点の花川戸(浅草観音裏)に着きました。

夜を徹しての船路のため川越夜船と呼ばれた。

img035 img036

 

新河岸川の花見
舟遊びもできます。

img037 img038img039 img040img041 img042

にほんブログ村 その他生活ブログ 世の中の真実・矛盾へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>