アスベスト

アスベストの用途

 用途
 アスベストは、強くしかも軽いため、石綿スレート、石綿けい酸カルシウム板、ビニールタイル等の建築資材の繊維素材として使用されてきた。
 石綿はその9割以上が建材製品に使用されている。
例えば、押出成型セメント板、住宅屋根用化粧スレート、繊維強化セメント板、窯業用サイディング、石綿セメント円筒に加工され、建築物の壁材、屋根材、外装材、内装材等に使用されている。
 建築材以外では、ジョイントシートやシール材に加工され、化学プラント等の配管や機器のガスケット、漏洩防止用のグランドパッキンに広範に使用されているほか、耐熱・電気絶縁板やエスカレーターのブレーキ等の産業用磨耗材等に使用されている。
 また、自動車のブレーキ・ライニングやクラッチ・フェーシング等の摩擦材及び潤滑材の繊維素材、並びに接着材、ペイント等の補填材に使われている。
 さらに、アスベストは、断熱、絶縁性に優れ、酸、アルカリにも強いため、電線の被覆材、機械、器具の断熱材、ガスケット、シーリング材、フィルター類や電解装置の中の隔膜などに利用されてきた。
図3に平成8年度のわが国における石綿製品の使用状況を示す。
 アスベストの利用形態は、これらを含め、3000種以上あるといわれているが、平成8年度のわが国におけるアスベストの用途別使用量は、輸入されたアスベストの約93%が建築資材の原料として、残りがその他の一般材料として使用されている。

配管の露出したアスベスト

  
 建築物などでの使用実態(東京都環境局資料より)

(1) 吹き付けアスベスト
  建築物等の鉄骨材などの耐火被覆、機械室(ボイラー室)、空調機械室などの吸音、断熱材として使用されている。

① 吹き付けアスベスト
 アスベストと結合材(セメントなど)とを一定割合で水を加えて混合し、吹き付け施工したものである。

(ア) 耐火被覆用
 建築基準法の耐火要求に応じて使われる。
使用場所は、3階建て以上の鉄骨造建築物のはり、柱等である。
この他にデッキプレート裏面への吹き付けなどがある。
使用期間は、昭和38年頃から50年初頭までである。
(イ) 吸音・断熱用
 使用場所は、ビルの機械室、ボイラー室、地下駐車場等の天井、壁などである。
 ビル以外の建造物(体育館、講堂、学校、工場等)では、天井、壁などに使用されている。
 鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造の建物は、それ自体が耐火建築であるため、これらの建物で吹付けアスベストが使用されるのは、ほとんどすべてが吸音用である。
これらの構造の建物の中で人間が日常的に在室する部屋(例えば、学校の教室、実験室、体育館等)では、コンクリート壁面に囲まれているために、残響時間が長く、会話がしにくいために、吸音用の吹付けアスベストを行ったものである。
各種吸音用内装材の使用と吹付けアスベストの選択については、明確な仕分けの根拠はないようである。
 また、鉄骨造建築物においては、人間が常時在室しない部屋(機械設備等が設置されていることが多い)でも、内部の音を外部に漏らさないために吸音用の吹付けアスベストが行われた。
コンクリートは遮音効果が高いが、鉄骨造では機械室回りの壁を遮音性に劣るコンクリートブロックやALC板を使用するためである。
吹 き付けアスベストの使用期間は、昭和31年頃から昭和50年初頭までである。

② 吹き付けロックウール
 吹き付けアスベストのほかにこれとよく似た建材に吹き付けロックウールがある。
 昭和50年に吹き付けアスベストが原則禁止となって以降は、吹き付けロックウールに切り替わっているが、しばらくの間は、アスベストを混ぜて使用されていた。
 用途は、吹き付けアスベストと同様に、耐火被覆用と吸音、断熱用であり、使用場所等も同じとみてよい。

(ア) 耐火被覆用
 吹き付けロックウールにアスベストを混ぜて使用された期間は、昭和43年頃から昭和55年頃までである。
(イ) 吸音、断熱用
 吹き付けロックウールにアスベストを混ぜて使用された期間は、昭和46年頃から昭和55年頃までである。

③ 吹き付けバーミキュライト
 バーミキュライト(ひる石)にアスベストを混ぜて使用されている。
用途及び使用方法は、吹き付けロックウールとほぼ同様である。

(2) アスベスト保温材
 アスベスト保温材には、①アスベストを含有する保温材と②アスベストを含有する耐火被覆板(けい酸カルシウム板、石綿ロックウール板)がある。

① アスベストを含有する保温材
 石油精製や石油化学(エチレンプラント)などの施設に使われることがほとんどであり、建築物では、ボイラーなど建築設備や空調設備のダクトなどの継目部分に使われている場合が多い。

 使用方法は、主に工業施設の常温より高い温度の熱絶縁に使用される。
 板状保温材及び筒状保温材は、各種プラントや船舶のボイラー、ダクト、煙風道及び配管等の保温やその他の耐振性を要求される部分の保温に使われることが多い。
 缶、塔、槽類の外壁または配管の定形部に施工する目的で作られており、ほとんどがそのままの形でスタッドボルトや針金等によって固定されている。

 ひも状保温材は、各種プラントの曲管部や施工しにくい部分に巻き付けて使われたり、その他の保温材の継目に生じるすき間に詰め込んで使われている。
 ふとん状保温材は、各種プラントのポンプ、バルブ、フランジ等の保守点検を必要とする部分、異形部分、耐振性を要求される部分に被せ、その上から針金等を巻き付けて使われる。
 水練り保温材は、成形保温材の目地部分あるいは複雑な施工面の保温、又は外装を兼ねた保温材に使用される。
施工は、前もってけいそう土、パーライト、アスベスト等の耐熱軽量粉末と無機バインダーを乾式混合し調製した粉状製品に、現場で水を加えて混練し、充填や、鏝(こて)塗りして使用する。

(ア) 石綿保温材
アスベストを解綿して主材とし、適当な接着剤を加えて成形したものである。
形状としては、保温板、保温筒、保温ひも及び石綿ふとんがある。
(イ) けいそう土保温材
けいそう土乾燥粉末を主材として、これにアスベスト繊維を均―に配合した水練り保温材である。
アスベスト含有率は、1.5 %以上とされているが、石綿保温材と同様に現在ではノンアスベスト製品に転換している。
(ウ) 塩基性炭酸マグネシウム保温材
塩基性炭酸マグネシウムとアスベスト繊維を均等に配合したものである。
水練り保温材、保温板及び保温筒がある。
アスベスト含有率は、8%以上とされている。
(エ) けい酸カルシウム保温材
けいそう土等のけい酸質原料と石灰質原料を主材として、オートクレーブ処理したものにアスベスト等の補強繊維を加えたものである。
補強繊維としては、かなり長期間にわたり、アスベストが用いられてきたがノンアスベスト化が要求され、すでにアスベストを含まない製品への転換が完了している。
(オ) はっ水性パーライト保温材
パーライト接着剤及び無機質繊維を均等に配合し成形したものである。
アスベスト含有率は、1.5 %以上とされているが、すでにノンアスベスト製品に転換している。
(カ) バーミキュライト保温材
バーミキュライト(ひる石)とアスベスト及び耐熱バインダーを配合し、水練り又はプレス成形によって板状又は筒状にしたものである。

② 耐火被覆板
耐火被覆板は、①の吹付けアスベストと同様に鉄骨材等の耐火性能を確保するために用いられている。

(ア) 繊維混入けい酸カルシウム板(略称けい酸カルシウム板)
かつては、石綿けい酸カルシュウム耐火被覆板といわれ第1種と第2種がある。
第1種は、けい酸質原料(けいそう土等)と無機質繊維を主成分としてウェットマシーンで抄造し、オートクレーブ処理したものである。
外壁(非耐力壁)及び耐火間仕切壁、遮音間仕切壁等の内装材に使われている。
第2種は、けい酸質原料と石灰質原料に水を加えて、スラリーとし、オートクレーブ処理を行い、生成したけい酸カルシュウムにアスベスト等の補強繊維を混入してプレス成形して作る。
 耐火被覆用として鉄骨に張付けて使われる。
(イ) 石綿ロックウール板(略称ロックウール板、以前は石綿成形板)
アスベストを主材として、これにポルトランドセメントを加えて、混練・成形したもので、混合割合はアスベストが50%以上である。
主として、耐火被覆用として鉄骨に張付けて使われる。

(3) アスベスト成形板
 アスベスト成形板には、平板(ボード)又は波板状のものがある。
最も代表的なものが石綿スレートである。
構成原料の主体を占めるセメント及びアスベストが無機質系材料であるため、防火性、耐水性等に優れた性能を持つことから、建物の外壁、屋根をはじめとして広い範囲で使用されている。
さらに、化粧を施したものや、軽量化したものなど、多くの石綿スレート関連製品がある。

① 石綿スレート
 セメント及びアスベストを主原料とし、若干の混和材料と適量の水を加え、抄造して板状に成形した後、所定の含水率になるまで乾燥させたものである。
一部にオートクレーブ処理したものもある。
形状を大別すると波板とボードがあり、さらに波板は小波、中波、大波、リブ波に分かれる。
ボードではフレキシブル板、軟質フレキシブル板、平板、軟質板に分かれる。
② 石綿セメントパーライト板
 石綿セメント板の軽量化を図るため、主原料にパーライト(重量比20~25%)を加え、セメント及びアスベストとともに抄造成形したものである。
かさ比重により、 0.8石綿パーライト板と 1.0石綿パーライト板に区別されている。
 主に、天井及び壁の下地材として使用されている。
③ パルプセメント板
 セメント、アスベスト等の無機質繊維材料、パルプ、パーライト及び無機質混合材を主原料とし、抄造成形したものである。
昭和20年代に、九州地区を中心に製造が開始され、その後各地での生産も行われるようにはなったが、現在でも生産量の約45%程度は九州地区で占めている。
軽量で加工性がよいこと、及び吸水性があることから、主として内壁、天井、軒天井等の内装材に用いられている。
④ 石綿セメントけい酸カルシウム板
 石灰質原料(セメントも含む)、けい酸質原料、アスベストを主原料とし、抄造成形してオートクレーブ処理したものである。
石綿セメント板に比べて軽量であること、及び寸法安定性に優れていること等の特徴がある。
内装下地材として使用されている。
⑤ 化粧石綿セメント板
 フレキシブル板、軟質フレキシブル板、平板等の表面に化粧を施したものである。
主に、内外装仕上げ材として使用されている。
⑥ 石綿セメントサイディング
 材質からみると、石綿セメント板系、石綿セメントけい酸カルシュウム板系、スラグ石膏板系に分けられる。
形状からは、平板サイディング・波形サイディングに分かれる。
化粧の有無からは、普通サイディング、化粧サイディングに区別される。
その用途は、住宅に限定されることなく、公共建物、工場、倉庫等広く用いられる。
⑦ 住宅屋根ふき用石綿スレート
 セメント及びアスベストを主原料とした屋根ふき材で、主に野地板下地の上に施工する住宅用の石綿スレートである。
基板となる石綿スレートの原料に着色材料を混入して板の全部又は表層部を着色したものや、基板の表面に印刷、塗装、吹付け、焼付け、凹凸を付ける等の化粧加工を行うものが多い。
⑧ 化粧石綿セメントけい酸カルシウム板
 石綿セメントけい酸カルシウム板を基板とし、その表面に印刷、化粧紙の張り付け、吹付け塗装等の化粧加工を施した板である。
主として、内装仕上げ材として使われている。
⑨ 合板補強石綿セメント板
 石綿スレートのフレキシブル板と合板を接着した板である。
石綿セメント板の耐水性、防火性、及び合板のもつ可とう性、耐衝撃性、曲げ強度に優れた特性を兼ね備えた材料である。
主として住宅の外装用に使われている。
フレキシブル板の種類により、普通板と化粧板がある。
⑩ 石綿スレート・木毛セメント板
 木毛セメント板を芯にして、その両面又は片面に石綿スレートのフレキシブル板を接着した板である。
主として外壁材、屋根下地材、間仕切材として使われている。
フレキシブル板の種類により、普通板と化粧板がある。
⑪ スラグ・石膏板セメント板
 スラグ、石膏等を主結合材とし、アスベスト・ガラス繊維等を補強材として抄造成形したものである。
高炉スラグ・排煙脱硫石膏等を主原料とし、資源の有効利用を図る点で注目されるものといえる。
結合材の配合割合等により、比重が0.7 ~1.7 程度のものまで製造できるが、JISでは 0.8板、 1.0板、 1.4板の3段階に区分されている。
このうち、軽質・中質板は内装用として使用されることが多い。
1.4板は防水処理を施すことで外装材としても使用される。
⑫ 吸音あなあき石綿セメント板
 フレキシブル板・軟質板に穴あけ加工したものである。
⑬ 押出成形セメント板
 アスベスト、セメント等を主原料として、水を加えて混練し、押出成形機によって製造するものである。
自由で複雑な中空断面で、厚さが10~100mm程度の板材である。
アスベスト含有率は、15%程度といわれている。
⑭ ビニル床タイル
 塩化ビニル樹脂に、アスベスト・炭酸カルシウム等の充填材を配合して成形されたものである。
一般事務室・店舗等の床に広く使われている。
アスベスト含有率は5~20%程度といわれているが、昭和60年から製造中止となり、ノンアスベスト製品が主流となってきている。

 現在でも製造等が禁止されていない石綿含有製品 (05/9現在)

1.ジョイントシート、シール材 発電所、化学工場、石油化学プラント等の機器、配管類、ガス設備、ボイラー等におけるフランジ、弁、マンホール、ポンプ等のケーシング部等のガスケット、パッキンなど

2.石綿系保温材、断熱材 ボイラー、高温の機器、配管、ロケット、炉等の被覆材、詰め物

3.石綿クロス(布)、石綿ヤーン(ひも)、石綿リボン、石綿テープ、石綿糸、石綿板、石綿被服等 溶融炉周辺等の機器・配管類、配線等の保温・耐熱、シール、電気絶縁・溶融金属表面のかす取り・レヤーロールへの使用 ・溶接の火玉よけ・鋳造工場等での耐熱石綿手袋の使用

4.その他 石綿粉末のガラス溶融炉における粘土のつなぎとしての使用 ・溶解アセチレンガスボンベ内の多孔物質

工業用、建築用以外にも、こんな所にも使われています。
たとえば、ベビーパウダー等の化粧品。
もちろん原発設備には至る所にふんだんに使われています。

耐久性、耐熱性、耐薬品性、電気絶縁性などの特性に非常に優れ安価であるため、「奇跡の鉱物」として重宝され、建設資材、電気製品、自動車、家庭用品等、様々な用途に広く使用されてきた。

アスベスト

10万人の死亡者が予測されているアスベストの危険性
アスベストは原則禁止となっていますが、長期にわたって吸引すると死亡リスクがあります。
しかも地震大国日本は、大きな震災のたびにアスベストが飛散するという恐怖に晒されているといっても過言ではありません。
2040年までに、アスベスト被害で10万人が死亡するという予測もあります。(2011年9月30日作成) 更新日: 2012年07月01日

アスベスト(石綿)
アスベストスは、蛇紋石や角閃石が繊維状に変形した天然の鉱石のこと。
繊維1本の細さは大体髪の毛の5,000分の1程度の細さである。
耐久性、耐熱性、耐薬品性、電気絶縁性などの特性に非常に優れ安価であるため、「奇跡の鉱物」として重宝され、建設資材、電気製品、自動車、家庭用品等、様々な用途に広く使用されてきた。
出典
http://ja.wikipedia.org/wiki/石綿/

アスベストの危険性とは? …アスベストと放射線
アスベストは一般の大気環境にも存在します。
世界保健機構の評価基準によると、「10本/リットル(大気1リットル中に繊維が10本)程度までは危険度は判別できないほど小さい」とされています。
出典
http://www.pref.kyoto.jp/kenzou/asbestos-qa.html

石綿は物質として安定し変化しにくく、飛散しやすく飛散しても気づきにくい上に、悪性中皮腫や肺がんを起こす発ガン性があります。
最初の石綿(アスベスト)吸入からおおむね40年前後の潜伏期をへて、アスベスト肺、肺癌、悪性中皮腫、といった健康障害がおきる事が、大分以前からわかっています。

アスベスト肺
肺が繊維化してしまうじん肺という病気の一つです。
じん肺にはアスベストのほか、粉じん、薬品等多くの原因があげられますが、アスベストのばく露によっておきたものを特に石綿肺とよんで区別しています。
職業上アスベスト粉塵を10年以上吸入した労働者に起こるといわれており、潜伏期間は15年~20年といわれています。
アスベストばく露をやめたあとでも進行することもあります。

悪性中皮腫

悪性中皮腫
肺を取り囲む胸膜、肝臓や胃などの臓器を囲む腹膜、心臓及び大血管の起始部を覆う心膜、精巣鞘膜等にできる悪性の腫瘍です。
進行が早く、予後が悪い疾患です。
アスベスト以外では、放射線物質や遺伝的なものによる発生がありますが、悪性中皮腫の約8割に職業性石綿暴露が認められ、アスベストは最も主要な原因です。
若い時期にアスベストを吸い込んだ人のほうが悪性中皮腫になりやすいことが知られています。
潜伏期間は20年~50年(およそ40年に発症のピークがあります)といわれています。
治療法には外科治療、抗がん剤治療、放射線治療などがあります。

肺がん

肺がん
アスベストが肺がんを起こすメカニズムはまだ十分に解明されていませんが、肺細胞に取り込まれた石綿繊維の主に物理的刺激により肺がんが発生するとされています。
また、喫煙と深い関係にあることも知られています。
アスベストばく露から肺がん発症までに15年~40年の潜伏期間があり、ばく露量が多いほど肺がんの発生が多いことが知られています。
治療法には外科治療、抗がん剤治療、放射線治療などがあります。
アスベスト被害者の記録
park3.wakwak.com/~banjan/main/higaisha.html
出典
www.asbestos-center.jp
悪性胸膜中皮腫による死亡者数の予測
早稲田大学の村山教授等は、誕生年代と50歳代、60歳代等の死亡時年代を一定の群とする方法で、日本の男性の過去の悪性胸膜中皮腫の死亡率を産出しました。
2040年までにそれらによる死亡者は10万人に上ると予測されています。
出典
http://www.sagasiki-kankyo.co.jp/asbestos/what/s2040.html
アスベストの吸引や喫煙などにより、強い放射線を出すラジウムが濃縮され、肺に蓄積することを、岡山大の中村栄三教授(地球宇宙化学)らが突き止めた。
出典
http://rengetushin.at.webry.info/200907/article_8.html
放射線とアスベスト
http://arita.com/ar3/?p=5037

特に2002年、日本の男性で2000‐2040年の今後40年間の悪性中皮腫の死亡数が10万に達するという、早稲田大学の村山教授の研究が公表された事が大きな衝撃を与えています。
また在使用されている製品から様々な理由で飛散したアスベストが現在どなたかに吸入されたとすると40年後の2044年に健康障害を起こす可能性があるわけです。
こうした将来の世代への危険も問題とされる理由の一つだと思います。
出典
石綿Q&A
アスベストは禁止になっているのに、なぜ危険?
今後懸念されることは、あらゆる製品に利用されてきたアスベストが、経年劣化や使用に伴う破損及び摩滅により飛散しやすくなっており、改修・廃棄の際に環境中に放出される危険があること。
出典
http://www.ihope.jp/2009/06/29104644.html

中越地震で積上げられた瓦礫

アスベスト残骸
出典
www.asbestos-center.jp
中越地震で積上げられた瓦礫
アスベストが大量に飛散した。
震災の影 石綿禍の闇 クボタショック3年
http://www.kobe-np.co.jp/rentoku/shakai/200806kubota/04.shtml
石綿による健康被害で、「クボタ」旧神崎工場(尼崎市)の従業員や周辺住民の死亡が明らかになってから二十九日で丸三年。
いまだ埋もれたままの石綿禍の実態に迫る。
http://www.kobe-np.co.jp/rentoku/shakai/200806kubota/04_a.jpg

 
にほんブログ村 その他生活ブログ 世の中の真実・矛盾へ このエントリーをはてなブックマークに追加
 
ЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖ
【Mail to 管理人】
【子猫の里親募集中!】 詳細はメニューの private-box-里親募集の掲示板

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>